OLED用にマイクロ秒(μs)の画像を作ってみました。

環境はこちらの別サイトに習い整えました。
Raspberry Pi: OLED-Display 128×64 mit Python ansteuern (I2C)

 

ひらがな変換した μ を使用すると文字化けするので、これまでは代わりに小文字の u を使用していました。しかしどうにも気になっていたので、画像の扱い方の勉強がてら作ったのが次の画像です。サイズは12×7ピクセルのグレースケール、PNG形式。GIMPで作成。↓

 

↓ 実際に使用したのがこれです。(μsは画像)

draw.bitmap((116, 4), Image.open('us.png'), fill=1)

 

↓ μ の代わりに小文字のユーの字 u を使用すると。(usは文字)

draw.text((116, 0), 'us', fill=1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation