簡単WiRES-X使用の2局と普通のアナログFMで交信中の音声をスペクトル表示させてみました。簡単WiRES-Xの受信側も簡単WiRES-Xで、アナログノード同士の受信。録音はHRI-200背面のモニター端子から、アナログFM局はリグのスピーカー端子からPCMレコーダーのSONY PCM-D50で録音しました。

 

簡単WiRES-Xの音声帯域の上限は4kHzみたいですね。アナログのFMはそれを少し上回る感じに見えます。簡単WiRES-Xの音色はアナログFMに近いレベルでしょうか。

 

次はデジタルノード局の音声をスペクトル表示してみると。

 

こんな感じです。

 

だから何?みたいな事になりました。

パソコンのUSBから5Vを供給したら、ヒー音がマイクに乗る用になってしまいました。自作スピーカからも小さな音で聞こえます。

 

↓ それならばと言う事で、スマホのUSB充電用ACアダプターにしてみると、自作スピーカーからはそのノイズは消えたのですが、まだマイクにヒー音が乗っていると変調レポートを頂きました。

 

↓ ならば、ならばと、モバイルバッテリーに変えたら、そのヒー音がマイクにも乗らなくなり、OMさんから「しーんとした中から声が聞こえるようになりました。」とFBなレポートを頂きました。

 

ノイズは自分ではなかなか気が付かないので、ノイズを消すのは大変です。お付き合い頂きました方々に感謝します。ありがとう御座いました。

うん十年ぶりの電子工作だったので、いまいちな部分が発生。まぁ、私のテキトウな性格が災いしたのですが。

取り敢えず完成後の3日間使用してびっくり!

↓ 完成から3日後の今夜遅くになって、気のせいかLEDの明かりが少し暗く感じました。電圧を測ったら無負荷(スイッチON、受信音無し)で約3.6Vしか無い!

使用前は5Vを超えていたのにな〜。

 

↓ 待機電流を測ると電源電圧5V時に約15mA。LEDへの配線をカットすると6.5mAなので、LED無しならもう少し長持ちするでしょうね。当たり前ですが。

 

次は、オーディオアンプに使用した8ピンのICの温度を測ってみました。ラウンドQSO中の温度です。受信時ピークで約90mA(LED点灯の8.9mAを含む)位流れていますので、スピーカーを鳴らすのにピークで約80mA流れてる計算です。

↓ スポット1がオーディオアンプのICで温度が21.5℃ですね。スポット2は基板で18.0℃、この時の室内温度は15.5℃。オーディオアンプのICはあまり発熱していないようです。

オーディオアンプIC HOLTEK HT82V739-DIP-A

 

今度は電池駆動はやめて、USBから電源を取る事にします。

↓ 丁度良いケーブル(白いケーブル)が手元に有りました。これは監視カメラの付属品でDCプラグのサイズも標準みたいなので、これに合うジャックを購入しましょう。

 

と言う事で、こうなりました。↓
USBケーブルをカットしてDCプラグを取り付けたケーブルで電源供給。

 

一応、簡単WiRES-X用マイクアンプの自作終了。