先日、Raspberry Pi 4でLチカを経験してから、毎晩これに夢中です。

あれから物凄く努力して、7セグLEDを1つ繋げて現時刻の0秒から9秒を表示出来るようになりました。

↑ 1桁ですが、疑似ダイナミック表示させています。点灯は0.25ミリ秒、消灯は1.25ミリ秒を繰り返して、6桁のダイナミック表示1桁目のつもりなんですが。

 

私の開発環境は、このブログ内にある「ラズパイで初めてのLチカ」を見て下さい。

↓ 点灯消灯時間を変えてありますが、そのソースコードです。

/*
 * test7.cpp
 * clock_gettime()に変更
 */

#include <iostream>
#include <pigpio.h>
#include <time.h>

using namespace std;

int main(void)
{
    int i, j;
    
    struct timespec ts;
    struct tm lotm;
    
	       // 7seg a   b   c   d   e   f   g   dp
    int gpio_pin[8] = {21, 20, 16, 26, 19, 06, 13, 12};
	       // GPIO 21  20  16  26  19  06  13  12
	       
    int segdata[12][8] = { // 7segment 2次元配列
      // a  b  c  d  e  f  g  dp
	{0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1}, // 0
	{1, 0, 0, 1, 1, 1, 1, 1}, // 1
	{0, 0, 1, 0, 0, 1, 0, 1}, // 2
	{0, 0, 0, 0, 1, 1, 0, 1}, // 3
	{1, 0, 0, 1, 1, 0, 0, 1}, // 4
	{0, 1, 0, 0, 1, 0, 0, 1}, // 5
	{0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 1}, // 6
	{0, 0, 0, 1, 1, 1, 1, 1}, // 7
	{0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 1}, // 8
	{0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 1}, // 9
	{1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1}, // Blank
	{1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 0}  // dp
    };
    
    // pigpioライブラリ初期化
    if (gpioInitialise() < 0) exit(1);
    
    // GPIO使用ピンをアウトプット設定
    for (i = 0; i < 8; i++) {
	gpioSetMode(gpio_pin[i], PI_OUTPUT);
    }
    
    // 表示消灯を100回繰り返して終了
    for (i = 0; i < 100; i++) {
   
	clock_gettime(CLOCK_REALTIME, &ts); // 時刻の取得
	localtime_r(&ts.tv_sec, &lotm); // ローカル時間に変換
	// int num = lotm.tm_hour / 10; // 時、十の位取得
	// int num = lotm.tm_hour % 10; // 時、一の位取得
	// int num = lotm.tm_min / 10; // 分、十の位取得
	// int num = lotm.tm_min % 10; // 分、一の位取得
	// int num = lotm.tm_sec / 10; // 秒、十の位取得
        int num = lotm.tm_sec % 10; // 秒、一の桁取得
	cout << num << flush;
	
	for (j = 0; j < 8; j++) { // 7セグLED表示(秒一の位)
	    gpioWrite(gpio_pin[j], segdata[num][j]);
	}

	gpioDelay(4000); // 4ミリ秒
	
	for (j = 0; j < 8; j++) { // 消灯(10 -> Blank)
	    gpioWrite(gpio_pin[j], segdata[10][j]);
	}

	gpioDelay(20000); // 20ミリ秒

    }
    
    cout << endl;
    
    // pigpioライブラリ終了処理
    gpioTerminate();
    
    return 0;

}
$ sudo ./test7
6666666666677777777777777777777777777777777777777777888888888888888888888888888888888888888889999999

 

このソースコードの点灯4ミリ秒、消灯20ミリ秒、約41Hzの疑似ダイナミック表示なら、私の目に7セグLEDのちらつきは感じません。

でもVNCで遠隔操作している時は、そのサイクルを早くしても、ちらつきます。

2 Thoughts on “Pi4のg++とpigpioで7セグLED表示

  1. JN1JTN on 2019年12月28日 at 20:16 said:

    これで例の7セグメント(特大)を使って、時計表示出来れば良いですね!!

    • JM1LXS on 2019年12月29日 at 02:30 said:

      そうなんですよ〜。

      大事(?)に保管し過ぎてホコリっぽくなった、特大7セグLEDの出番が来年にはあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation