ラズパイでStratum 1 NTPサーバーを試してみました。その方法は全てネット上にある記事のつまみ食いです。

 

↓ そのつまみ食いの結果がこれです。精度もStratum 1と言って良いのでは?

↑ グラフ中央の跳ね上がり(下がり)の原因は、ntpとgpsbを再起動させた為です。

 

どんなつまみ食いだったかを備忘録として残して置きます。

秋月のGPSキット(K-13850)とラズパイ4で試しました。

始めに見落としがちな事を。
このGPSを使用する場合、1PPS出力がアクティブLowである事を意識して置かないと、私みたいにハマってしまいます。そのパルスは ↓


秋月の取説PDFからコピぺ

このような波形の時は、/boot/config.txt に assert_falling_edge=true が必要になります。これを記述して置かないと100msズレて参照リストから外れたサーバー “x”印になってしまいます。

 

GPSとラズパイの結線


カラー図は秋月からのコピぺ

 

インストール

$ sudo apt update
$ sudo apt install ntp
$ sudo apt install gpsd gpsd-clients pps-tools

 

設定

$ sudo vi /boot/cmdline.txt

console=serial0,115200の削除
$ sudo vi /boot/config.txt

末尾に追加
enable_uart=1
dtoverlay=pps-gpio
dtparam=gpioin=18
dtparam=assert_falling_edge=true
$ sudo vi /etc/modules

末尾に追加
pps-gpio
$ sudo vi /etc/default/gpsd

START_DAEMON="true"
USBAUTO="false"
DEVICES="/dev/ttyS0 /dev/pps0"
GPSD_OPTIONS="-n"
$ sudo vi /etc/ntp.conf

server 127.127.28.2 minpoll 4 maxpoll 4 prefer
fudge  127.127.28.2 refid GPS stratum 14
server 127.127.22.0 minpoll 4 maxpoll 4
fudge  127.127.22.0 refid PPS stratum 0

server ntp.nict.jp iburst

 

自動再起動設定

$ sudo systemctl enable gpsd.service
$ sudo reboot

 

上記の手順で作動確認出来たRaspbianは ↓

2019-09-26-raspbian-buster-lite
2019-09-26-raspbian-buster
2020-02-05-raspbian-buster-lite
2020-02-05-raspbian-buster

2 Thoughts on “おうちStratum 1 NTPサーバー

  1. 小澤 殉 on 2020年2月1日 at 18:42 said:

    だんだんマニアックな内容になってきましたね~

    • JM1LXS on 2020年2月2日 at 01:12 said:

      Stratum 1 NTPサーバーも以前から試してみたい事だったんです。

      出来てしまえば案外手軽に、この精度が実現してしまい驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation