iPhoneのカレンダーに1年分の予定が表示される様に、iCal形式のファイルを作成する備忘録。

 

↓ この様に【終日出荷休み】が表示されるのが目的です。

 

全体の流れは

  1. Googleカレンダー用のCSVファイル作成
  2. Googleカレンダー経由でiCal形式のファイル作成
  3. MacのカレンダーでiCalファイルを指定して照会カレンダー作成

 

詳しく見て行きましょう。

1. Googleカレンダー用のCSVファイル作成

このCSVファイル作成時に文字コードをUTF-8で保存する必要があります。

表計算アプリでUTF-8を文字化けせず読み書き出来るのは、Numbersです。Excelでは文字化けしてしまいます。

文字化けしないNumbers

文字化けするExcel

 

今回はiPadでNumbersを使用しましょう。

データ入力が終わったら、不要なセルを削除して下さい。

不要な横のセルを選択して削除

縦も同じく不要なセルを削除

 

次に、【コピーを送信】でCSVファイルを作成します。
すると、文字コードがUTF-8N、改行コードはCR+LFで保存されます。

WindowsのTeraPadで開いて見ると、こんな感じ

 

2. Googleカレンダー経由でiCal形式のファイル作成

↓ Googleにログインしてマイカレンダーの右横の三角から【新しいカレンダーの作成】を選択して、空のカレンダーを作成します。

 

↓ 空のカレンダーが出来たら、他のカレンダーの右横の三角から【カレンダーをインポート】を選択して

 

↓ iCalファイルとカレンダーを選択してインポート

ここで、Googleカレンダーで予定を確認しましょう。

 

今度は、GoogleカレンダーからiCalファイルをエクスポートです。
↓ エクスポートしたいカレンダーの右横の三角から【カレンダー設定】を選択します。

開いたページの下の方に【カレンダーのエクスポート】があるので、そこからiCal(ICS)ファイルを書き出して下さい。※1

ダウンロードしたZIPの中に、長〜いファイル名のICSファイルがあります。この長〜いファイル名は適当に変更した方が良いでしょう。

ようやく、iCal形式のファイルが出来ました。

 

3. MacのカレンダーでiCalファイルを指定して照会カレンダー作成

↓ Macのカレンダーのファイルメニューから【新規照会カレンダー】を選択して、カレンダーのURLを指定します。
私の場合は、自宅サーバーにICSファイルを置いたので、URLは自宅サーバーのそれです。

 

完了

おおざっぱですが、こんな感じです。

 

↓ 最後に

※1 Macで操作していると、勝手にZIPファイルを解凍してICSファイルをカレンダーが読み込んでしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation