以前、使用出来なくなったと思っていたAutodesk Fusion 360のアクティベーションが出来たので、KiCad用3Dモデルを作ってみました。

Fusion 360のデータをエクスポートする時のファイル形式はstep。そのstepファイルをそのままKiCadで読み込みます。

原点やサイズもFusion 360で指定した通りにKiCadでプレビュー出来ます。

ただ色に関しては制限があるみたいで、木目調のマテリアルを指定しても単色になったり、デカールは無視されます。stepフォーマットの仕様でしょうか?

 

↓ Fusion 360上の画像。原点を合わせる為にボディを点から点移動したので、スケッチ図とボディがズレています。(スケッチする時、原点を合わせていなかったのです)

 

↓ KiCadでのプレビュー。

 

Fusion 360のアクティベーションが出来たので、慣れないFreeCADは止めます。それに、FreeCADはVRML形式(wrl)で保存する時、スケールの縮小(0.3937)をする必要があるのですが、Fusion 360はstepで保存した時スケール変更不要です。

環境
使用PCはMac mini
Fusion 360 2.0.8624 個人用(無料)
KiCad 5.1.5-0-10_14(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation