いよいよポータブルデジタルノード(PDN)が使えるようになりました。

少しPDNを使用しただけですけど、HRI-200無しで運用出来るのは良いですね。ただアナログノード局と交信する場合は、オーディオケーブルが必要になる点がマイナスですかね。FTM-100やFTM-400がPDN対応になったらオーディオケーブルは不要なんですかね。それともやっぱり必要なのかな?

 

 

当局(個人コールサイン)のWIRES-Xの環境は、HRI-200で簡単ワイヤーズを運用中。手元にFT2D、SCU-19、CT-44が有って、SCU-39は無い状態です。

こんな環境なので、まだPDNの全部を試した訳では無いのですが、気付いた点を書いて置きます。

 

既にHRI-200でID登録済みで、FT2DでPDNを使用予定のパソコンが、HRI-200のシリアルナンバーで認証済みの場合は、FT2DのRADIO IDで新規登録(個人コールサインは重複不可なので新規登録は出来ない。)やノード登録情報の変更は不要です。

何故なら、HRI-200のシリアルナンバーでそのパソコンが認証されて居れば、HRI-200でもFT2DでもWIRES-Xが使えるからです。
実際、私はFT2DのRADIO IDでノード登録情報の変更を済ませた後に、HRI-200を繋げてWIRES-Xアプリケーションを立ち上げたら

↑ こんな警告ダイアログが出て、HRI-200のシリアルナンバーで認証を試みても「登録されていません。」と言うメッセージが出てHRI-200が使用出来なくなりました。ちなみに、キャンセルするとWIRES-Xアプリケーションは終了してしまいます。

 

FT2DとパソコンがSCU-19のみで接続の時

「WIRES-Xで利用可能なオーディオデバイスが見つかりません。デバイスを再認識し、WIRES-Xアプリケーションを再起動してください。」

と警告ダイアログが出る場合は

パソコンのマイク入力に3.5mmのプラグを差して対応。

 

また書きたい事が有ったら、ここに追記します。

簡単WiRES-X使用の2局と普通のアナログFMで交信中の音声をスペクトル表示させてみました。簡単WiRES-Xの受信側も簡単WiRES-Xで、アナログノード同士の受信。録音はHRI-200背面のモニター端子から、アナログFM局はリグのスピーカー端子からPCMレコーダーのSONY PCM-D50で録音しました。

 

簡単WiRES-Xの音声帯域の上限は4kHzみたいですね。アナログのFMはそれを少し上回る感じに見えます。簡単WiRES-Xの音色はアナログFMに近いレベルでしょうか。

 

次はデジタルノード局の音声をスペクトル表示してみると。

 

こんな感じです。

 

だから何?みたいな事になりました。

パソコンのUSBから5Vを供給したら、ヒー音がマイクに乗る用になってしまいました。自作スピーカからも小さな音で聞こえます。

 

↓ それならばと言う事で、スマホのUSB充電用ACアダプターにしてみると、自作スピーカーからはそのノイズは消えたのですが、まだマイクにヒー音が乗っていると変調レポートを頂きました。

 

↓ ならば、ならばと、モバイルバッテリーに変えたら、そのヒー音がマイクにも乗らなくなり、OMさんから「しーんとした中から声が聞こえるようになりました。」とFBなレポートを頂きました。

 

ノイズは自分ではなかなか気が付かないので、ノイズを消すのは大変です。お付き合い頂きました方々に感謝します。ありがとう御座いました。