今日1月28日は「八木・宇田アンテナ」の共同発明者の一人、八木秀次さんの誕生日との事。Googleが気をきかせロゴのエルを八木アンテナにしています。アマチュア無線家として、また日本人として嬉しい出来事です。

押入れを探検して、ホコリまみれのIC-3NとTR-2500を発掘。

さっき火を入れた所、受信は両リグ共普通に大丈夫。送信の方はちょっと難有りで、IC-3NはPTTの接触不良の様な症状。とりあえず変調が乗るけどって感じ。TR-2500の送信時は自分の声と一緒にハム音も乗ってしまってますね。

 
 

あれ、無かったんだ。

IC-3NとTR-2500にメーターが付いて無いですね。

YAESUのFT-991はSメーターの振れが鈍い感じです。同じYAESUのFT2DならSが3ぐらい振れるのに、FT-991は全然振れませんね。これ430MHzでの話しでして、HFや他バンドでは確かめていません。

この写真にあるAの信号は、FT2Dなら3ぐらい振れるが、このFT-991は全然振れません。RSリポートは51ですね。Bの信号のRSは41です。でも、FT2Dに比べSN比はFT-991の方が良く、FT2Dでノイズ混じりで聞こえる信号でも、FT-991ならそのノイズが少なく安心してワッチ出来ています。

信号AのRS 51
信号BのRS 41

 

YAESUさんに言いたい。このFT-991のSメーターの振れ具合いを、少し良くしても良いと思うのですが。