LCDディスプレイを取り付けて天気予報付き置き時計にする」を真似て私のラズパイも置き時計にしてみました。

 

そこで私の環境のせいかインストールに苦労した所があるので、その部分をアップします。

 

基本構成
Raspberry Pi 2 Model B
2017-11-29-raspbian-stretch-lite.zip
3.5インチHDMI LCD タッチモニタ

 

↓ 最小限のGUI環境でやりたいのでOSはあえてlite版、これに最小限のGUI環境と日本語フォントをインストールしました。

$ sudo apt-get install raspberrypi-ui-mods
$ sudo apt-get install fonts-ipafont

 

↓ 私が無知な為一番苦労したのがRuby関連でした。2017-11-29-raspbian-stretch-lite.zipの中にあるはずのRubyが、利用できないので困りました。結局、rbenvとruby-devをインストールして解決しましたけど。

$ sudo apt-get install rbenv
$ sudo apt-get install ruby-dev

$ ruby -v
ruby 2.3.3p222 (2016-11-21) [arm-linux-gnueabihf]

$ sudo gem install nokogiri pry pry-byebug

 

↓ 次に困ったのがCRON関連で、私の環境では/root/.rbenv/shims/rubyがnot foundとなってしまいcrontab -eで設定する内容の変更が必要でした。
さらに、天気予報の取得を1日4回だけ毎日、0時10分、5時1分、11時1分、17時1分に行う様設定しました。

$ sudo crontab -e

10 0 * * * cd /git/pi_weather/script; /usr/bin/ruby /git/pi_weather/script/run.rb > /dev/null
1 5,11,17 * * * cd /git/pi_weather/script; /usr/bin/ruby /git/pi_weather/script/run.rb > /dev/null

 

その他の変更部分は

↓ sudo vi /etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostartを次の様に変えました。

$ sudo vi ~/.config/lxsession/LXDE-pi/autostart

 

↓ 表示誤差を最大1秒から最大0.1秒に変えました。1000を100に変更。

$ sudo vi  /git/pi_weather/client/src/index.html

        if ((intervalCount % intervalThreshold) == 0) {
          showDate(date);
          getWeather();
        }
      }, 100);
    });

    // デバッグ用
    var showMessage = function(str) {

2 Thoughts on “ラズパイの置き時計

  1. JN1JTN on 2017年12月8日 at 16:04 said:

    カッコ良いですね。

    特に降水確率が表示されているところが、実用的だと思います。

    • akihito on 2017年12月9日 at 02:17 said:

      そうですよね。これなら実用的な活用方法だと思います。
      こういうのを自分でゼロから開発出来ればいいんですけどね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation