当局で初めての14MHz用アンテナは、ツェップ型アンテナを自作する事にしました。

LCのデータ

ポリエステル銅線(PEW)線径1.2mm
コイルの直径約33mm(両面テープを含む)
コイルのインダクタンスは実測約5.1μH(だったと思います)
コンデンサは3D2Vで代用して25cm(25pF)

 

↓ コイルを巻く所に超強力両面テープを巻いて置くとコイルの調整が楽です。

 

マッチング部の調整後のSWRは、ほぼ1.1になりました。

 

マッチング部単体で、バンド内1.5以下に収まりました。

 

さて次は実際にエレメントを付けて、調整したいと思います。

 

追記:2018/3/28

実際にエレメントを繋げて、自作のツェップ型アンテナを上げました。

 

↓ まだ調整は途中ですが、SWRは良い感じです。

4 Thoughts on “14MHzのツェップ型アンテナ自作

  1. JN1JTN on 2018年3月27日 at 12:59 said:

    必要なら声を掛けて下さい。
    手伝いに行きますヨ!

  2. 桑原正義 on 2022年5月16日 at 06:51 said:

    丁度、14Mhzのアンテナを上げようと思っていたところ、貴兄のブログに行き当たりました。とても参考になりました(特に写真が)。早速、作成しようと思っています。

    • JM1LXS on 2022年6月10日 at 22:33 said:

      お役に立った様で何よりです。この返信を書いている2022年6月10日現在でも、この自作14MHzのツェップ型アンテナはFT8で大活躍中です。約4年間余り上げたままですが、現在SWR最下点の周波数は14.062MHzでSWRは1.1以下です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation