ダイソーの300円USBスピーカーを、モービルで使用中のFTM-400XDHに接続しました。

↓ 軽トラの天井に設置したスピーカー

 

このスピーカーをバラして要らない配線とアンプの基盤は捨てて、代わりにオーディオケーブル(3.5mmミニプラグ-RCAプラグ×2)のRCAプラグを切り捨て、その配線をスピーカーユニットに直付けしました。

↓ 3.5mmミニプラグ-RCAプラグ×2

以前OMさんから、使って無いのであげると言うので頂いた、ダイアモンドアンテナのV2000を仮設で上げました。給電点地上高2mと低いですが、6mのSWRを測ってみました。

 

青字の50.995MHzはSWRが一番低い周波数です。

この頂いたアンテナは古いのですが1.5以下のSWR特性(幅)も、ほぼ取説と同じなので、性能は新品同様のようです?
当局ではまだまだ現役で頑張ってもらいます。

 

新品同様じゃないかも。

経年劣化なのかアンテナの上げ方が悪いのか?
2mのSWRがあまり良く無いんですね。何故か143.212MHzに合っていて肝心の145.00MHz以上になるとSWRが1.5を超えてしまう。なんで?

↓ 143.212MHzが一番低い

 

↓ 430はいい感じです。

 

使用アンテナアナライザー:コメット CAA-500Mark2

昨夜は雨だったので自作ツェップ型アンテナのSWRを記録しました。

 

↓ 上が雨の中、下が翌日の晴れの日。

 

マッチング部のコイルやコンデンサには一応防水処理してあります。その方法はマッチング部をケースには入れず、電気部品用接着剤、熱収縮チューブを使用して、その上に自己融着テープでぐるぐる巻きにしました。なので耐候性に優れるかは不明ですが。