自宅サーバーに使用するMac mini (Late2009) MC238J/Aに、macOS Server(Server 5.2)とWordPressをインストールした備忘録です。

 

注意して下さい。
これは、素人の私が自分の為だけに残す投稿です。これを貴方が参考にした事で損害等を被っても、私は責任を取りませんよ〜。

 

macOS Serverならではの他と異なる、インストール前に知って置きたい五つの事。

一つ。macOS Serverをインストールして尚且つServerを設定したMacのApache用設定ファイルは

/Library/Server/Web/Config/apache2/httpd_server_app.conf
/Library/Server/Web/Config/apache2/sites/*.conf

↑ これらの設定ファイル達は「触らぬ神に祟りなし」的な感じ。特にapache2/sites/*.conf はServer.appによって自動生成されるみたいです。ファイルの中を見るだけなら大丈夫でした。
っていうか、何が書いてあるのかを見た方がいいですよ。

二つ。デフォルトのDocumentRootは

/Library/Server/Web/Data/Sites/Default

三つ。WordPressを置く場所は (私はここ ↓)

/Library/Server/Web/Data/Sites/wordpress

四つ。Apacheのユーザーとグループは共に

_www

五つ。ローカルエリアからアクセスしたPCやスマホのIPは何故か

127.0.0.1

以上。この事を知って置くと楽しいインストールとなります。私はこれを知らず挫折しそうになりました。

 

さて、ここから楽しいインストールと設定です。尚、macOS Serverはインストール済みとします。

MySQLが必要なので、私はHomebrewでインストールしました。
と言う事でまず、Homebrewのインストールです。参考になるサイトは
http://brew.sh/index_ja.html

↓ 2行に見えますが、実際は1行です。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

MySQLのインストール

$ brew install mysql
$ mysql.server start

MySQLの自動起動設定

$ brew services start mysql

MySQLのルートパスワード設定、abcdeの部分がパスワードになります。

$ mysql -u root
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('abcde');
mysql> flush privileges;
mysql> exit

WordPress用のデータベースとユーザーの作成。例えば
データベース名 wpdb
ユーザー名 aki
パスワード wppas
とした場合

$ mysql -u root -p
mysql> CREATE DATABASE wpdb;
mysql> CREATE USER aki@localhost IDENTIFIED BY 'wppas';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wpdb.* TO aki@localhost;
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit

PHPとMySQLを連携させる

$ sudo cp -p /etc/php.ini.default /etc/php.ini
$ sudo chmod 644 /etc/php.ini
$ sudo vi /etc/php.ini

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

$ sudo chmod 444 /etc/php.ini

 

WordPressのインストール

WordPress日本語サイトからtar形式のファイルをダウンロードする。
これを配置するディレクトリにコピーして解凍。
そのサイトは、https://ja.wordpress.org

ファイルはダウンロードフォルダにダウンロードしたとして

$ sudo cp Downloads/wordpress-4.7.1-ja.tar /Library/Server/Web/Data/Sites/
$ cd /Library/Server/Web/Data/Sites/
$ tar -xvf wordpress-4.7.1-ja.tar

uploadsディレクトリの作成

$ sudo mkdir -p wordpress/wp-content/uploads

アクセス権と所有者を変更

$ sudo chmod -R 755 wordpress/
$ sudo chown -R _www:_www wordpress/

macOS ServerのwebサーバーとDNSの設定を済ませて、WordPressのインストールを以下のURLにアクセスして終了させる。

http://jm1lxs.com/wp-admin/install.php

 

これで、WordPressを新規に始められます。私の場合は、Mac mini G4からの引越しなので、復元する必要があります。

それは、次の投稿につづく予定です。→ WordPressの引越し

2 Thoughts on “macOS ServerでWordPressを運用

  1. いそっち on 2017年6月30日 at 9:57 PM said:

    はじめまして。

    私自身、macOS ServerでのWordPress導入に行き詰まっていたところ、
    貴サイトにたどり着きました。

    macOS ServerにおけるWordPressの導入方法、
    その手順がとても丁寧に書かれており大変参考になりました。

    この場を借りてお礼させて頂きます。
    ありがとうございます。

    • akihito on 2017年7月2日 at 2:05 PM said:

      いそっちさん、コメントありがとうございます。

      私も挫折しそうになりましたので、いそっちさんの気持ちが良く分かります。

      私の備忘録がお役に立てたようで嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation