第一電波のディスコーンアンテナD130(D-130) 25〜1300MHz受信 50/144/430/904/1200MHz帯送信可能(DIGITAL対応)って言う物を二連ハシゴの先に取り付けました。

 
 

気になるSWRなんですが、測定器が不足しているので全部は測れません。涙
50MHzはアンテナアナライザーで測定。144MHzと430MHzはリグのSWR計で確認しました。1200MHzはリグも無いので分かりません。

写真の様に50MHz帯は見ての通りです。144MHz帯はメインチャンネル付近で1.2位。430MHz帯はメインチャンネル付近でメーターが振れないので1.1かなぁ。

 
 

もう一つ気になるのが、実際の受信感度。このアンテナと比べるのは、同じ位の高さにある第一電波のグランドプレーンX300です。430MHz帯のメインチャンネル付近の交信をアンテナ切り替え器で変えながら比べると、Sメーターの振れがX300の半分位しか振れませんでした。

やっぱり、普段は広帯域受信機に繋げて置きましょう。元々広帯域受信機用にと購入したのですが、送信も出来るとあったので期待し過ぎました。ローカルとの交信には充分だろうから良しとします。

 
 

追記
CAA-500Mark2を手に入れたので、144MHz帯と430MHz帯のSWRを測定しました。

3 Thoughts on “ディスコーンアンテナD130を設置

  1. JF1VRU on 2018年4月18日 at 5:30 PM said:

    初めまして。丁度D130を検討していまして、たどり着きました。
    参考になる記事ありがとうございます。
    同じ位の高さのX300とは、給電部の高さが同じくらいなのでしょうか?それとも頭頂部の高さでしょうか?

    • akihito on 2018年4月19日 at 6:36 PM said:

      コメントありがとう御座います。
      その高さとは給電部の事で、正確な高さは分かりませんが、D130の方が1〜2m位高いです。

      ご参考になりましたでしょうか?

      • ありがとうございました。納得です。
        先のゴールデンウィークにD130を設置しましたが、50MHzがどうにもよく飛ばないので、垂直エレメントを改造してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation